中核都市にある物流系の仕事

柏という地名の由来は、一節によると河岸場(かしば)に由来すると言われています。そんな柏周辺は、近代に入るまでは水戸街道沿いに位置しながら宿駅ですらない寂しい地域でした。今日の発展は、大正時代の北総鉄道の開通を待たなければなりませんでした。

柏駅が開設されると、駅は交通の結節点となり周辺に市街地が形勢され、1960年代に入ると東京のベッドタウンとして人口が急増し、1970年代には疎剛などの百貨店をはじめとした多くの商業施設が進出してきました。近年では東京大学や千葉大学、それらの大学と産業が連携した産学連携施設も作られ、千葉県の中核都市として発展を続けています。

そんな柏市のアルバイトですが、募集の数は東京近郊の都市だけあって、千葉県の他の都市と比べると多い傾向にあります。その分布はどちらかと言えば住宅街のそれに近いものがあります。

最も多いのは医療・福祉系の仕事です。多いのは介護施設での介護職です。特別養護老人ホームの仕事が多く見られます。次いで多いのが看護職です。託児所が儲けられていてお子さんのいる女性でも働きやすい所や、リハビリ専門病院での仕事など、そのバリエーションの多さは看護職を考えている人にはうれしいものでしょう。文教地区だけあって教育系の仕事の募集も多いようです。そのほとんどが塾講師の募集です。

都市基盤が整っている街では、配送・物流系の仕事が多い傾向にあります。柏市もその例外ではありません。
学生・若年層・主婦のパートが入りやすい物流のお仕事といえば郵便局が浮かびます。郵便局には、区分けだけではなくインターネットを使った通販・コールセンターのオペレータ業務もありました。人が多いところに、その町の大きな郵便局がありますから、興味があれば問い合わせてみるといいかもしれませんね。

Leave a Reply